So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

facebook [読]

ブログへの投稿方法も忘れかけている今日この頃。
なんとなく敬遠していたfacebookをひとに言われて始め、すっかりそちらばかり活用するようになってしまいました。

こちらを通して知り合う事が出来た方々とも、また繋がりが持てたら幸いに存じます。

やっていらっしゃる方、私は「Kazuhioro Hara」の名前で登録していますので、差し支えなければお知らせください。どうぞ宜しくお願いいたします。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100000194268336&v=wall
コメント(2) 

みやこじま [海]


更新しないと広告がでるブログです。容量足りるかな。



変な空と奇麗な海へ。

みやこ1.jpg

みやこ2.jpg

微笑ましいカップルではあります。

みやこ3.jpg









・・・・。 [雑]

本当に上手い。

そこらへんのプロよりずっと上手い。

http://sputnik987.exblog.jp/

天才ちゃうか。

鎌倉の蕎麦。 [蕎]


不思議です。

正月に更新してからまったく放置してあるこのブログ。

アクセス数が、以前よりも増えています。


ツイッターとリンクさせてないし、コメント欄はすべて閉じて
しまったし、これは一体何故なのでしょう・・・。

わざわざチェックしてくださっているかたがいらっしゃるのかも
しれないと思うと、申し訳ないやら嬉しいやらです。

なので久しぶりに更新してみることにいたしました。

しかし、このブログ、あと容量2メガしかありません(^^;

鎌倉「こ寿々」

mise.jpg

有名行列店で店内大忙しなのに、丁寧な接客で素晴らしい。

そば.jpg

そして観光地なのに美味しい。

ゆ.jpg

関係ないけどリス。

りす.jpg

かまくらうなぎ。 [鰻]


鎌倉の「つるや」

つくだに.jpg

ふた.jpg



アブラがのりすぎ、といった感がありましたが、美味しかったです。

うな.jpg


出てくるまで4〜50分かかります。


明けましておめでとうございます。 [雑]


頭のチャンネル数が少ないので、今はツイッターばかりでブログから遠ざかっておりますが・・・。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます♪

紅葉。 [雑]


仕事で中井(中野区)へ行ったついでに林芙美子記念館へ寄ってみました。


二十代の後半から三十代の前半にかけて、毎年、箱根の「福住楼」へ泊まりに
行っておりました。

http://www.fukuzumi-ro.com/index.htm

温泉地にはたいてい「文人に愛された旅館」があります。

当時、文章を書くことが仕事に出来たらそれはなんて素敵な事であろうかと
考えていた私は、気分だけでも浸りたくて、そういった旅館を泊まり歩いて
おりました。

建築的にも素晴らしい、という理由もありましたが。


箱根(塔ノ沢)の福住楼には、聴泉という部屋があります。そちらは
林芙美子先生がよく利用なさっていたということで、中を覗きながら

(ふむふむ、こんな部屋だったらいい小説が書けそうな)

などと不遜にも思ったものです。


旧 林芙美子邸ははじめて訪れました。


もみじ.jpg

なんだかこの家ならいい小説が書けそうな気がするっ(’  ▽  ’)

原稿.jpg
(許可を得て写真を撮っております)


まあ、私は猫の話しか書けませんが。

ねこ.jpg


話ちがいますが、じゅんいちさんのブログの写真が奇麗すぎる。

http://sputnik987.exblog.jp/

癒されております。






いささか思うところありまして。 [拉]


もうこのブログに麺をアップすることは無いと思っておりました。

そして、そもそもお店のことをあれこれ書くなどということはしない方針でした。


「食」につきましてはまったくの素人ですし、どなたがご覧になっているか
解らないブログで「悪口」と捉えられかねないことを書くわけにはいかないからです。


しかーし。

これは、これはひと言申し上げたいのであります。


先週の土曜日、駒場公園の「東京ラーメンショー」に行き、あまりの人の多さに
並ぶ事を断念し、

(しかし胃がラーメンになってるんですけど)

ということで思いを巡らせました。して、

(そういや西原さんのブログに、春木屋でつけ麺食べたってあったっけ)

思いついたのであります。


そもそもラーメンだけだったお店でも、流行に乗ってつけ麺を出し始めた
ところはたくさんありますが、昔気質の老舗(私の勝手な印象です)である
「春木屋」がつけ麺を・・・と驚いたのであります。


ということで「春木屋 吉祥寺店」へ。(春木屋が支店を出すというのも
ちょっとびっくりでありました。中目黒にも出したみたいですね)


店に入りまして・・・・。

みせ.jpg

うむむむむ、荻窪店の雰囲気をそのまま持ってきたかったのであろう内装。

まさか予算が足りなかったわけではありますまい(たぶん)。


あれは、古いお店だから(雰囲気あるなぁ)と好意的にとってもらえますが、
新店舗でやったら「ただ安っぽい」だけです。

悲しくなるほど明るく寒々しい照明計画。

わざと?それともインテリアデザイナーを使っていないのか。

カウンターと厨房の関係も近すぎて低くて落ち着かないったらもう。

春木屋の看板がなかったら「完全にやっちまったなー」の内装です。


さて写真は撮りませんでしたが中華そば。

これは美味しかったです。幅広い年齢層が受け入れられる味。
こういうラーメンは残らないといけまっせん。

しかし値段が・・・。

いい材料を使っているのでしょうけれど、今は材料を吟味して手間ひまかけて
値段も頑張っている店がたくさんあることを考えると、ちょっと厳しい。


驚くほど「慇懃」な接客が、その厳しい戦いを物語っているように感じました。


つけ麺は・・・。

つけ.jpg

冷やし中華のタレの酸味を少し和らげてぬるくしてみました、というかんじの汁。

めん.jpg

そう書くと不味そうですが、これはこれで美味しいな、と。

でもやっぱりこれで900円は・・・(味玉いれると1000円)。


頑張って欲しいです。大きなお世話と思いますが(^^;

照明の色だけでも変えたらいいのに。

あなたを作家にするプロジェクト [読]


忘れていました。

すっかり忘れていました。


応募していました。春でした。


このブログでも、

「お優しきかたがた、どうか清き一票をこのわたくしめに」

などと宣伝しておきながら、ここ数ヶ月、忙しい事もあって
完全に放置しておりました。


本日、事務局からメールがきました。

大賞が決定し、今年中にマガジンハウスから出版されると。


いや、私が大賞に選ばれたわけではもちろんありません。

選ばれたのはふざけた写真集などではなく、ちゃんとした小説です。


大賞作品はこちら。

http://www.intel.co.jp/jp/tomorrow/?cid=ijkk:ggl|sot_jp_brandsakka|jpC9B6F|s#/grandprix

ほうほう、日本のかたではないのですか。

どれどれ・・・

と、読んでみようと思いまして、タイトルの上をクリック。


ふうむ。
ちょっと宗教色を感じるところが気になりますが・・・。
いずれにしても長そうな。
これは今読むの無理だな・・・。

ということで右上の「作者のプロフィールを見る」をクリックして・・・。


笑えました。


ピーター・シャビエル先生。

私の「江戸のドン」をお気に入りにしてくださってありがとうございます。
(^^;


よっしゃ。
こうなったら自費出版して、講談社の「全国訪問おはなし隊」

http://www.kodansha.co.jp/kids/ohanashi/

のトラックの中の本棚にこっそり入れといたろ。


それにしても、おはなし隊で使ってる私デザイン(それほどのもん
ではないが)の紙芝居舞台、重いから作りなおしたいって言ってたけど
まだ使っていただいているようですみません。



JAXA はやぶさ2プリプロジェクト。 [雑]

緊急のお知らせであります。

当ブログでたびたび私が名前を出してきた「T先輩」よりメールをいただきました。

以下、文章短縮も考えましたが、そのままのほうが熱意も伝わると思い、お名前部分を
除いて全文掲載いたします。

ご興味をお持ち頂けましたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私のことを個人的にご存じの方にはお話をしたことがあるかもしれませんが、

私の○○○が、JAXAで宇宙開発の研究をしております。(姓は同じ「○○」です)



彼は、先日地球に戻ってきた「はやぶさ」の運用管制のメンバーとして

働いており、先日帰還した「はやぶさ」の写真の解析などもしています。

添付の写真は、はやぶさが地球に近づいて来て、カプセルを放出後、大気圏に突入する前、

地上のアンテナからの通信が途切れてしまう直前に、姿勢を地球に向けて搭載カメラで撮った画像です。

(この写真は全く手を加えていない「ザ・オリジナル」です)

はやぶさ写真のコピー.jpg

  ※注 このブログにアップするため、下4分の1につき、私(当ブログ管理人)が塗り潰し加工を
     行っております(なんかしらないけどフォトショップで開いたら変になったので^^;)

実は、この画像を取る前にも、何回か撮像をトライしたらしいのですが、姿勢が地球を向いていなかったり

していて、全然上手く行かなかったそうです。半分あきらめかけていて、最後にダメ元で撮ったのがこの

一枚だそうです。



画像の下1/4に情報が無いのは、画像情報を地上に伝送している最中に通信のリンクが切れてしまったためです。

地球の下に明るい縦じまが入っているのは、スミアという現象で、要は、地球が明るすぎて、

光のエネルギが他の画像素子まで影響を与えてしまった結果です。



なんという壮大なドラマではありませんか。(涙)(笑)



その彼が、現在、「はやぶさ2」の開発に携わっております。具体的には、彼は「はやぶさ2」の小惑星への

接近・着陸のための航法誘導制御系の責任者として働いています。



そして、その「はやぶさ2」の予算を、政府が提案している「元気な日本復活特別枠」から捻出しようと

しているらしく、これは国民の人気投票で、どの分野にどの程度の予算が使われるかを決まるものです。



そこで、関係者の知人、親戚縁者に広く呼び掛けて、以下のメールにあるように、内閣官房のWebにログイン

して頂いて、「はやぶさ2」への支援を表明するようにお願いしています。



日本人であれば、誰でも意見表明が可能ですので、是非、周辺の方々、会社の関係者の方々に声をかけて

頂ければと思います。(このメールをそのまま転送して頂いてかまいません)



コメントとしては、「日本が21世紀に世界で勝ち残るためにはこのような壮大なナショナルプロジェクトが

必要です。是非当プロジェクトの継続を決定して頂くようお願いします。」のような感じでよろしいかと思います。





ユーザー登録など面倒な部分もあり、このような個人的なお願いで大変恐縮ではありますが、どうぞよろしく

お願い致します。締め切りは19日です。



○○○○



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「はやぶさ2」のパブリックコメントについての対応のお願い



すでにご承知のことかと思いますが、「元気な日本復活特別枠」要望についてのパブ

リックコメントの募集が始まっています。「はやぶさ2」もこの特別枠で提案されて

いますので、このパブリックコメントが非常に重要です。

是非、いろいろな立場の多くの方からご支援のコメントをいただきたいと思います。

このご連絡を差し上げている皆さんには、是非、「はやぶさ2」を支援していただく

コメントを書いていただきたいですし、ご家族の方、お知り合いの方にもご連絡いた

だけますと幸いです。

「はやぶさ2」としては最後のチャンスとなりますので、よろしくお願いいたします。



吉川 真(JAXA はやぶさ2プリプロジェクトチームリーダー)



 ===



※パブリックコメントについて情報



■トップページ:http://seisakucontest.kantei.go.jp/



■はやぶさ2に関連するページ

・トップページからの移動の仕方

 分野別:新成長戦略(デフレ脱却・経済成長)

      ↓

 担当府省:文部科学省

      ↓

 事業名:1908 我が国の強み・特色を活かした日本発「人材・技術」の世界展開

 http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/detail.php?t=1908 ←直接のURL



■応募の締めきり:2010年10月19日(火)17時まで

Webから意見を表明するには、まずユーザー登録が必要です。

https://seisakucontest.kantei.go.jp/login/user.php



■応募の仕方

・Web上のフォームから:

http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/detail.php?t=1908



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。