So-net無料ブログ作成
検索選択

村上せんせい。 [読]

電車が好きです。

と申しましても、そのものには興味なく、移動手段として好き、
ということであります。(混んでいるのは嫌いです)。

な〜んも考えず、座っているだけで目的地に到着します。

朝でも夜でも、座っている乗客の多くは寝ています。
よっぽど疲れているのでしょう。
最近は、小さなゲーム機を手にしている若い男がけっこういます。

しかしなんといっても多いのは、携帯電話を触っている人ですね。

横にならないと眠れない私は、本を読んでおります。
本を読む人、じつに少ない。

男性よりも女性のほうが多いようですが、車輛内に数名・・・。

んが、
昨日、その数名の中のまた数名が、大きな本を手にしておりました。
カバーがしてあるので何の本か解りませんが、まず間違いなく

はるき.jpg

でございましょう。

待ち望んでいたファンの人。売れていると聞いて手にしてみた、
という人もいるでしょうけれど、恐ろしい売れ行きですね。

本が売れない時代と言われてからだいぶ経ちますが。

十数年前の、寝ても覚めても小説のことを考えていた、ほんの短いときの
ことを思いだしました。

考えていたわりには書かず。
書きたい気持ちはあっても、書きたいことがまったくみつからず。

自分の人生の浅さを自覚させられ、落ち込んだのを憶えております。


なんだか嫌なこと思いだしちゃったな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。