So-net無料ブログ作成

いささか思うところありまして。 [拉]


もうこのブログに麺をアップすることは無いと思っておりました。

そして、そもそもお店のことをあれこれ書くなどということはしない方針でした。


「食」につきましてはまったくの素人ですし、どなたがご覧になっているか
解らないブログで「悪口」と捉えられかねないことを書くわけにはいかないからです。


しかーし。

これは、これはひと言申し上げたいのであります。


先週の土曜日、駒場公園の「東京ラーメンショー」に行き、あまりの人の多さに
並ぶ事を断念し、

(しかし胃がラーメンになってるんですけど)

ということで思いを巡らせました。して、

(そういや西原さんのブログに、春木屋でつけ麺食べたってあったっけ)

思いついたのであります。


そもそもラーメンだけだったお店でも、流行に乗ってつけ麺を出し始めた
ところはたくさんありますが、昔気質の老舗(私の勝手な印象です)である
「春木屋」がつけ麺を・・・と驚いたのであります。


ということで「春木屋 吉祥寺店」へ。(春木屋が支店を出すというのも
ちょっとびっくりでありました。中目黒にも出したみたいですね)


店に入りまして・・・・。

みせ.jpg

うむむむむ、荻窪店の雰囲気をそのまま持ってきたかったのであろう内装。

まさか予算が足りなかったわけではありますまい(たぶん)。


あれは、古いお店だから(雰囲気あるなぁ)と好意的にとってもらえますが、
新店舗でやったら「ただ安っぽい」だけです。

悲しくなるほど明るく寒々しい照明計画。

わざと?それともインテリアデザイナーを使っていないのか。

カウンターと厨房の関係も近すぎて低くて落ち着かないったらもう。

春木屋の看板がなかったら「完全にやっちまったなー」の内装です。


さて写真は撮りませんでしたが中華そば。

これは美味しかったです。幅広い年齢層が受け入れられる味。
こういうラーメンは残らないといけまっせん。

しかし値段が・・・。

いい材料を使っているのでしょうけれど、今は材料を吟味して手間ひまかけて
値段も頑張っている店がたくさんあることを考えると、ちょっと厳しい。


驚くほど「慇懃」な接客が、その厳しい戦いを物語っているように感じました。


つけ麺は・・・。

つけ.jpg

冷やし中華のタレの酸味を少し和らげてぬるくしてみました、というかんじの汁。

めん.jpg

そう書くと不味そうですが、これはこれで美味しいな、と。

でもやっぱりこれで900円は・・・(味玉いれると1000円)。


頑張って欲しいです。大きなお世話と思いますが(^^;

照明の色だけでも変えたらいいのに。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。