So-net無料ブログ作成

ボクスターとキャディバッグ。 [健]


久しぶりに練習場へ行きました。

ここのところ、腕を痛めていてクラブが振れなかったのですが、だいぶ良くなったので。

これ。

いたい.jpg

写真だと解りづらいのですが・・・内出血をしております(写真は左腕)。
肘から下は日焼け(ゴルフで)をしているのでそれほど目立たないのですが、
赤紫と、黄色と、変な色が混ざっております。

どうしてこうなったかと申しますと、
一週間前に採血しまして(たんなる健康診断)、針を抜くとき、いまだかつて
経験したことのない痛みを感じたのであります。

フランダースの犬ではすぐ泣きますが、痛くて泣いたことはありません。
痛ければ痛いほど、平気な顔をする癖がついております。

なので看護師さんには何も言わなかったのですが・・・。

今もまだ痛いです(^^;

肘はすっかり紫いろ。

ひじ.jpg

なにをどうすればこんなひどいことになるのか・・・。


話違いますが、ボクスターにキャディバッグを積む際には、

ばっぐ.jpg

こんなかんじになります。

PCの営業の方は「細いタイプのキャディバッグならふたつ入ります」と言うのですが、
同伴者に、
「僕と行く時は細いの持って来てね♪」
などと言えるはずもなく、自分のバッグをゴルフ場に送ることとなります。

東京マラソン2009。 [健]

日曜日に東京マラソンを観戦しました。

と、書き始めは下の記事と同じであります。
しかし「麺」カテゴリーに入れるわけにはいきません。

さてしかし、どうしよう、、、と考えまして、
カテゴリー「健」に。

久しぶりの「健康」ネタであります。自分じゃないんだけど。


家で東京マラソンのスタートを観て、急ぎ用意し出かけました。
出場している、ぷりぞー兄さんを応援するためです。

兄さんは今頃、どちらを走っていらっしゃるのだろう、、、、。
姉さんと連絡をとりながら、目的地を築地に決定しました。

地下鉄から地上に出ると、、、すごい熱気が。
うぅ、にぃさんはどこ?どこなの?
携帯電話を持って走っているというのは知っているけれど、こっちから
かけて大丈夫なのだろうか。。。
しかしこの人数、そうせねば見つけることは不可能に違いない。

ぷるぷる ぷるぷる

電話をかけましたら、驚いたことに、近くにいらっしゃるご様子。

目を皿にして探すわたし。

すると、電話を耳にあてながら走っている男性が、、、、

にーさん1.jpg

ぷりぞー兄さんっっっ!

なんという偶然。
ぴったりのタイミング。

にーさん2.jpg

とても元気そうなご様子に安心しました。
しかし、念のためにモザイクを。

まわりに写っているかたも、ご連絡くださればモザイクかけます。
って、わしゃグーグルか。

それにしてもすごい人。。。

たいこ.jpg

太鼓の音で、お祭り気分も盛り上がります。

たしか3万5千人だったか。。。
最近、小説は歴史ものばかり読んでいるのですが、2〜3万の軍って、
すごい人なんですね。。。こんな大勢に城を囲まれたら、すぐに降伏して
しまいそうです。

皆が走り去ったあとの銀座。

宴のあと.jpg

ちょっと寂しい気分になりました。

人間ドック。の3 [健]

あまりにぐりぐりされてくたばるわたし。
終わったらしく身体のゼリーを拭き取られ、横になったままでいたら、、、

「終わりですよ。起きれませんか?ずっと横になってたから起きづらい
 かもしれませんね」

起きれるわっ、床ずれするほど寝てないわい、わしゃじじーか。

ここでひとやすみ。。。
お医者さんのカウンセリング。

「食事と運動。とにかく食事と運動。その他、なんもなし」

こんな言い方ではなく、優しく丁寧でしたが要約するとこんなかんじ。
もっとも、血液検査の結果はまだわからないですから。
そして、胃カメラのさいの注意点の説明。同意書へのサイン。。。

「出血がはげしくて死んでも恨まないでください」

まあ、そこまでではありませんが、、、そういうことかしら。

胃カメラは何度か飲んだ事がありますが、今回は初めて「鼻から」に挑戦です。
口からよりもずうっと楽だと聞いたからです。技術は進歩しているのですね。
毎日毎日、医療カメラのことばかり考えて生きている人がいるのですねぇ。。。

ようしっ、胃カメラ来いっっ

「次は頭部MRIです」

おいっ。

またしても狭い空洞の中へ。
なぜか今度は耳栓無し。だからうるさい。
これが今回の目玉、ボクスターで言うたらハードトップくらいのオプションです。
・・・じゃあいらねえじゃねえか。
いやいやいや、何事も経験です。

骨盤MRIのときは足から入ったのですが、今回は頭から穴の中に、、、。
なので、こちらのほうが圧迫感があって苦しいです。
(だいじょうぶ、だいじょうぶ、こわくなんかないっ、小さい頃、怒られて
 押し入れにいれられて鍛えられた僕じゃないか、大丈夫、、、余計にこわいっっ)

またも工事現場の音。
うるさいのに、眠くなってきました。いいぞいいぞ、眠っちゃえ、、、。
と思ったあたりで終了。
すこしふらふらしながら待合室に。
今まで、ほとんど待つ事はなかったのですが、7〜8分ほど待たされて、いよいよ
最後の検査、胃カメラです。

「そうですか、3度もご経験があるのですか、ベテランですねぇ♡」
いやあ、それほどでも。

まず、鼻のアナになにかを噴霧されます。左右、2回づつ。。。
どうやら、鼻の中を弛緩させる液体のよう。これで、鼻腔の奥を拡げるのですね。

「さあ、どちらの穴が大きく開いているか調べま〜す♡」

この係の看護師さんは明るかった。

「右と左、どちらが大きく開いてそうですか?」

ふんふん、、、ふんっ、、、右、、、、かな。

「では調べてみましょう。このミラーに鼻息を吹きかけて、、、
 そうすると、穴のおお〜〜きいほうが、より大きく曇ります♡はいっ」

すは〜

「まあ、ほんとだ。右の方が大きいですね!おお当たりっ♡」

・・・・・。
ということで、カメラは右から挿入ということになりました。なので、右にだけ
ゼリー状の麻酔を注入。
数分待って、本当にカメラが入るかどうか、まずは柔らかなチューブを入れて
試してみます。
あの、、、はじめてなので、はじめてなので、やさしく、、、、
にゅる。
簡単に入りました。
次は本番、ご年配のお医者さんが登場です。

「ああ、3度も。それじゃあベテランですね。じゃあいきますよ。はい、するするする
 これ喉ね、はいもっと入ります、、、はい、もう胃です。はいはい、十二指腸です」

目の前のカラーモニターではっきり見えます。
こわいよう、癌があったらどうしよう。いくら素人の僕だって、癌くらいはわかるはず。
こうやって見せるのは、まずいんじゃないの。
でも、怖いもの見たさでついつい。。。

「綺麗ですね。きれ〜いですね。なんにもありません。うーんいいですね。潰瘍も
 ありません。はい、もう終わりますよ〜〜」

たしかに、、、口からよりは楽でした。
でも、やっぱりちょっと苦しい。唾液が口にたまるのですが、飲み込んではいけない
ということで、だらだら垂れ流しです。
鼻カメラは、細いのがいいところですが、画像としては口カメラのほうがきれいに
はっきり映せるそうです。胃の中の水を吸い出すのも、細いだけに鼻カメラは時間が
かかる、ということでした。ご参考までに。

9時半からはじめて終わったのが12時半。
待つ事はほとんどなく、スムーズでしたし、看護師さんもドクターも礼儀正しく
好感が持てます。

費用はしめて、12まん8せんひゃくえん。
高いんだか安いんだか。。。わかりません。

人間ドック。の2 [健]

さてさてお次はなんでございましょう。
眼底カメラ。
これって一瞬、眩しくてまわりが見えなくなるのですよね。
パッと光った瞬間、自分の目の中の血管が見えます。それから太陽を
映したような、まあるい光が目の中にあって、見えなくなります。
眼圧検査。
めんたまに空気をぶつけられます。しかしこれはたいしたことなし。

続きましては聴力検査。
これは簡単。ヘッドホンして、なにやら高い音を聞こえるかどうか判断するだけ。
ここまでなんだか「町のにこにこ健康診断」レベル。高いお金払ってるんだから
もっとすんごい機械をださんかいっ、ださんかすいそすいっっ。

と思っていたところできました。骨盤MRI
・・・・なにこれ、聞いてないぞ。なに調べるのかしら。
ところでわたくし、検尿があると思って、朝からずうっとおしっこ我慢してるんですけど。
検尿はいつ?いつなの?

恥ずかしくて看護師さんに訊けないわたし。
まあ、もう少しなら大丈夫。たぶん。

「はい。ではこちらに横になってください。頭をこちらに、、、」
すみません、これ、何分くらいかかるんですか?
「20分くらいです。音がうるさいので、耳栓してください」
げえっ、、、にじゅっぷんっ。まいぼうこう、ぴいんちっ
あのう、検尿っていつなんでしょうか。。。
「ではこの次にしましょう。我慢出来ますか?」
び、びみょーなんですけど、、、頑張ります。

狭い空洞の中で20分ほど我慢。。。これが、怖い人には怖いのですね。
私は閉所恐怖症ではありませんが、それでもいい気持ちではありません。

なるほど、音がうるさい。断続ではありますが、なんというのか、、、、
ががががが、ぴーぴーぴー、ごんごんごんごんごん、、、、んがーんがーんがー。
建築現場のような音が聞こえてまいります。
はたしてどういうしくみになっているのでしょう。しかし確実に輪切りにされている私。
終わってすかさずトイレに。

「25のラインのところでいいですよ」
25、、、コップの底から1センチほど。たったこれっぽっちか、、、
あのう、なみなみといけますが。
「いえ、25のところでたりますから」
いやいや、な〜みなみといけますが。
「・・・・・」

そして心電図。どうやら異常なし。
以前は不整脈があったのですが、禁煙して先月で1年。正常になりました。

さて次はなに?ほうほう、CTスキャンですか。え?また身体?さっきMRIしたのに、
また必要なのかしら。。。ほうほうほう、この機械は東芝製ですね。
ふーむふむ、よくわからないけど。
次は胸のレントゲン。
ほうほう、この機械はフジフィルムですか。フジカラーですね。お正月ですね。
もうぼく、禁煙したからレントゲン、怖くないんだもんね。タバコ吸ってた頃は、
「あれ?この影、、、」
なんて言われるんじゃないかって、いつも怖かったけど、もうクリーンだから
何枚撮ってくれてもオーケーです。

さあて、そろそろお腹が空いてきましたが、、、お、きました。エコーですか。
おなかにゼリーを塗って、指圧棒みたいなものでぐりぐりされます。
ぐりぐりぐり、ぐーりぐりぐり、、、
モニターは私からも見えるのですが、何が映っているのかさっぱりわかりません。
白黒の魚群探知機のようです。

そして続いて、とうとうきました。頸動脈エコー。
ボクスターで言うたら、ケイマン18インチホイールほどのオプションです。
いや、根拠はありません。

首にゼリーを塗られてぐりぐりぐり。
なんだか、何かを探しているようで、、、

「・・・ちょっと上を向いてくださいますか?もうちょっと壁側」

そう言って、なんどもぐりぐり。ゼリー追加。ぐりぐり。ゼリーまた追加。

何度やってんねん、わしの首が潤いすぎるやんけっ。
うむむむむ、ぼく、頸動脈が無いのかしら。脂肪に覆われすぎて見つからないのかしら。

あ、またも長く、、、、うぅ、疲れたけどさらにつづく。

人間ドック。の1 [健]

行ってきました人間ドッグ。わんわんっ、違います。取り乱しております。
ミッドタウンクリニックのドックは初めてです。

選んだ理由→会社から近いから。以上。

あそこは値段が高い、と何人かから聞いていたのですが、
そういうコースもあるというだけで、普通のは普通です。
今回はオプションで、頸動脈エコーと、脳のMRIをつけました。
これがポルシェのオプションなみに高いっ。
しかし、今年4月からのメタボ検診(特定健康診査/特定保健指導)で、
値段がさらに上がると聞いたので、あわてて追加。

さて、なにから書きましょう。
え?興味が無い?聞きたくもない?       

ええ、そうでしょうとも。では聞いてください。ふっ。       

(このブログ、自分の備忘録も兼ねているので、、、すみません。
 どうか、スルーなさってくださいませ^^;)

本日、9時半に受付。
新しいだけあって綺麗です。二日分の検便を「つまらないものですが」と
しっかり提出。着替えさせられて待合室に。
ソファの数からして、つめれば20人ほど座れるところに、
10人弱が腰掛けております。そして次々に名前を呼ばれるひとびと。

いや間違い。
ここでは、胸に下げた札に書いてある番号で呼ばれます。
プライバシー保護のためですね。いまどき普通なのかもしれませんが。

わたくしめ、14番というありがたい番号をいただきました。
自由死、、、そう、自由のためならいつでも死ねる、と考えている
私なのです。すみません、いま思いつきました。

「14番のかた〜」

呼ばれてひょこひょこついていきますと、まずは血圧。
若干高めですが、病院ですから多少高くとも問題ないでしょう。(自己診断)

続いて採血。
これがおそろしい、、、いくつになっても怖いお注射。
見ると直径1センチ、長さ8センチほどの試験管が6本。
ええっ、そんなにぃぃぃ。
今まで少しずつ増やしてきたぼくの血液、、、まあ、ちょっと多めですけど。

それから身長、
あの自動で計測するやつ、頭の上に「ガンっ」て落ちてきて痛いんですけど。
そのせいか、去年よりも数ミリ縮んでいるわたし。
そして体重、こちらは増えているわたし。

なんだかわざわざ体脂肪率も測って肥満を確認。
そして視力検査〜〜。
眼鏡をしたまま測ります。なんと片目0.8。んなばかな。眼鏡あたらしくした
ばかりなのに。それも、ヤクルトの古田選手と同じやつ(関係ありませんが)
普段はワンデーアキュビューな私ですが、本日は眼圧も調べるので眼鏡です。

も、もういっかいやらせてくださぁぁいっ。
こ、この眼鏡、じゅうさんまんえんもしたんですぅぅぅ、きんいろじゃないのに、
高かったんですぅぅぅ。

納得出来ない結果に再検査。どうにか1.0に。
しかしこれじゃあ車を運転するのが怖いざます。

さて続いては肺活量。
ぶっつけ本番の一回勝負で4.6リッター。おかしい、燃費が悪い。前回は5リッター
だったのに。。。それでも平均より上ということなので、しぶしぶ納得。
それから動脈硬化を調べるということで、左手の人差し指を、、、、

ちょっとまて。
動脈硬化を調べるために、わざわざ高い金だして頸動脈エコーをオプションで
つけたのに、なんですかこれわ。
それに、指先でわかるんですか?

「ええと、血管年齢40歳ですね」

・・・・・びみょー。
左足首のあたりで測る骨密度も、平均よりちょっと上ということでグーです。

ありゃ。検査はまだまだあるのにこんなに長くなってしまった。ということで、つづく。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。